日々の思考の積み重ね

家電メーカー企画マンの独り言ブログ

新入社員は絶対できない「目的思考」を身につけると、人生が180度変わる

新人の社員に、

「入社して高めるべきスキルはどんなものが必要ですか?」

 

と聞かれたら、目的思考、と答えるようにしている。

 

なぜなら目的思考は仕事の成果を高める劇薬であり、

人生のベースにもなるスキルだからだ。

 

目的思考がない人間は、

戦地に突っ込めと言われて、銃を片手にただ突っ込む歩兵である。

受け取る情報の質が悪く、

打ち手も場当たり的であり、短期的であり、狭い思考に陥ってしまう。

 

他方、目的思考がある人は、

戦地全体を眺めて、適材適所に人員を配置し、攻撃を考えられる権利を持てる。

つまり、しっかりと輪郭を理解した上で、

長期的な視野に立った上で、クリティカルかつ適切な打ち手を行うことができる。

 

以下、目的思考がどのように仕事の成果につながるか、一例をお伝えする。

 

 

 

①目的思考で仕事のアウトプットが変わる。

例えば上司に

「新商品のお客様説明用の資料を提出して」と言われた時に、

 

目的思考がある人は、上司にその目的を明確に確認することで、付加価値を作ることができる。

たとえばその目的が、

とあるベンチャー企業との業務提携を検討しており、

その際に自社の紹介商材の一例として、新商品を紹介する。

となった場合は、

そのベンチャー企業の戦略やプロダクトを調べて、自社との提携スキーム案を検討した上で、

どうやったら新商品がそれに役立つか、という観点で情報をまとめ、上司に提出を行うだろう。

 

しかし、目的思考がない人は、使い回しの商品紹介資料を活用するだけしかできない。

だから、依頼した要件を返答するだけで、付加価値はつけにくい。

 

②目的思考でルールを疑う力が身につく

例えば、ある商品仕様を設計する上で、とある構造に対して、

品質が絶対だめ、と言ったとしよう。

なぜ?と問うと、

「それは社内のルールだからです」

 

では、社内のルールは何のために作ったのか?

これが目的思考ができる人の考え方だ。

 

そのルールを調べていくうちに、

なぜそのルールが作られたのか、そしてどのようなことを懸念されているのか、

が理解できると、

その懸念事項を回避する、特別ルールを設定し、今回の構造は成立できるような話ができてくるかもしれない。

 

 

③目的思考で時間管理力が高まる

スケジューリングも目的思考の塊である。

その1時間を何を目的に過ごすのか。

例えばある業界の情報を調べる。

しかし、その情報をただのインプットを目的にするのは質が低い。

友達に明日話してみよう、と目的を変えるだけで、大幅にインプットの仕方が、変わる。

 

④目的思考でマーケティング力が高まる。

店舗のスタッフとして、飲食店の売り上げアップを考えるとしよう。

その時、多くの人は

お店のメニューの値段を下げよう、とかバリエーションを増やそう、とか

手段に終始してしまう。

しかし、目的思考の人は、なぜそのユーザーが店舗にやってくるのか、というユーザーの目的を深く考える思考ができる。

そうすると、そもそものブランド認知を変えよう、とか

違った発想が出てくる。

 

また、お店のキャッチコピーなんかも目的思考が問われるいい例だ。

たとえば、アパレルショップで季節商品を販売するときも

・目的思考ができない人は、「10%半額セール」

・目的思考ができる人は、

 「芸術の秋!秋の可愛い着こなしで美術館デートに行こう。」

などのようにユーザー体験を意識したキャッチコピーが打てる。

 

 

 

 

⑤目的思考で交渉力が高まる

相手の目的を理解することで、コミュニケーションの目的も変わる。

交渉も基本的には、どこまでお互いが譲歩をするカードを出し合うかのゲームである。

自分たちの交渉で獲得しうるギリギリのラインを見定める、そして相手のラインも見定めることで、余裕を持った交渉が可能になる。

 

 

 

 

 

 

以上、いくつか挙げさせていただいたが、

この目的思考の良い点は、基本的には自分次第でいかようにも目的を設定できるのである。

目的の設定次第で、あらゆる仕事の成果を高めることができる、ひいては日々の行動も変えることができる、ことなのである。

 

そしてその心持ちを新人時代から身につけておくだけで、

10年後に大きな差が生まれることは間違いない。