ざきおの滅私報恩ブログ

大手電気メーカーに勤める商品企画マンの本音

Where good ideas come from?

友人がタイトルのTEDの動画を共有していたので、内容を要約したい。

www.ted.com

 

タイトル通り、どこから素晴らしいアイディアが生まれるのか?

シンプルにポイントは二つ。

①どんな環境でアイディアは生まれるのか?

実際は一人の人間がうんうんと考えて「閃いた!」というよりも、

人々の会話や議論から生まれるらしい。

それは街中のカフェかもしれないし、居酒屋かもしれない。

会議室の雑談かもしれないし、コーヒールームで出会った同僚との会話かもしれない。

 

これは「流動的ネットワーク」と呼び、まるで珈琲店や居酒屋のようなワイワイガヤガヤの場所で生まれるらしい。

これを実証した話がある。

世界的なイノベーション研究家の人がどんな状況で飛躍的なアイディアが生まれるか調査をした。その人はある研究室でビデオを仕掛けた。

仮説では、顕微鏡を眺めていて「閃いた!」という人が多いと思いきや、真逆の結果に。

人々の何気ない会話からほとんどのアイディアが生まれていた。

そしてバックグラウンドが異なる人がいた方が生まれやすい。とのことだ。

面白い。結局アイディアはある事象の組み合わせである。

異なる知識、経験、価値観が組み合わさって新たなものが生まれるのだろう。

 

②素晴らしいアイディアには時間がかかる

アイディアはいきなりいいものは生まれない。これはよく言われる。

熟成され、何度もブラシュアップを繰り返し、生まれる。

そういえば始めばairbndbも全然違ったビジネスだったらしいしね。

ポイントは、どうやったら長期的なアイディアを考え続ける環境を作れるのか?

短期的な成果ではすぐには結びつかない。

独立部隊を作るのが個人的には一番いいと思う。

半年間、1年間、じっくり練り続ける、試行錯誤を続ける。

そんなビジネスを生み出す仕組みがあってもいいんではないか?

そんな余裕がある体制が必要ではないか?そう思うわけである。

以上