日々の思考の積み重ね

家電メーカー企画マンの独り言ブログ

生きているうちに、つたえなければならない

なんとなく嫌な予感がしていた。

 

祖父の様態の連絡が、暫くなかったからだ。

 

多分仕事がある自分に遠慮しているのだろう、

ぼくは母親に電話をして、状況を知った後、

すぐに新幹線に飛び乗った。

 

今回が本当に最後だろう、

でもそのときに僕は何を伝えたらいいのだろう。

そんなことを考えながら、岡山についた。

 

コロナの影響で、横浜からの面会はだめです。

これが病院のスタンス。

でも、何とかお願いして、

全力でお願いして、

15分だけ面会できることになった。

 

おじいちゃんに会ったとき、

手を握ったとき、

涙が止まらなかった。

 

 

かろうじて聞こえる右耳に向かって呼びかける。

おじいちゃんはうなずき、

必死に何かを伝えようとしている、でも声を出す力がない。

ホワイトボードに書きたい、と手でジェスチャーを伝える。

 

細い手で、必死にペンを握りしめて、僕に何かを伝えようと、

必死に書いている。

文字は全く読めない、ふにゃふにゃだからだ。

 

でも、それでもよかった。

何かを伝えようとしてくれてるおじいちゃんが嬉しかった。

 

ほとんどご飯も食べられない、体中癌に冒されて、最後の病床にあって、

必死に何かを伝えようと書き続ける祖父。

ぼくはその姿を見ながら、これがおじいちゃんなんだと思った。

最後まで、最後まで、伝えようとしてくれてる。

 

僕はおじいちゃんありがとう、しか言えなかった。

 

15分くらいだろうか、疲れ果てた祖父は目を閉じた。

 

まだ体温がわずかにある。

 

暫くすると、

少し目を開けた祖父は、もう一度書きたい、と手でジェスチャーを伝える。

すぐにホワイトボードを差し出して、また、何度も、何度も、

読めない文字を書き続けてくれた。

 

涙が止まらなかった。

子供のころ、おじいちゃんは、絶対ぼくがどんなに頑張って、レゴを作っても

100点はくれなかった。

いっつも笑いながら、80点、85点、90点。

 

そんなおじいちゃんが好きだった。

 

今回のおじいちゃんの文字は10点くらいだ。全然読めないよ。

今まで散々話してきたけど、肝心の最期の時は、何を伝えたらいいかわからなかった。

でも、今まで沢山喋ってきたからこそ、

生きているうちにたくさん伝えてもらったからこそ、

祖父が最後に伝えたかったことが、僕には理解できた。

 

 

 

 

祖父と最後の別れをした後、

母親に祖父が書いたホワイドボードの写真を見せた。

かなりの時間を過ごしてきた母親は、

一つづつおじいちゃんが書いた文字を解読していく。

 

會社

及び

日本

難しい

 

 

全体の10%程度しかわからなかったが、

多分

これからの日本は難しい時代になる、

會社も難しい時代になる、

 

 

祖父がずっと言ってきた言葉だった。

 

 

 

 

そんな時代だからこそ、頑張れ

 

 

 

と祖父は伝えたかったのだと、

そう僕は理解した。

 

 

 

 

生きているうちに、伝えなければならない。

伝えられるのは、生きている特権だ。

日々、自分はどれだけの想いを伝えているだろうか。

 

おじいちゃんから受け継いだすべてを、僕は伝えていくよ。

 

 

ありがとう、おじいちゃん。

 

 

 

taitaitai.hatenadiary.jp

 

 

夫婦喧嘩の原因は「相手への期待を伝えていない」から

コロナウイルスの影響で、

生活様式が大きく変わってしまった。

 

だから、今までの考え方やスタイルを見直す人が多いと思う。

 

僕も自分の人間関係のスタイルを見直すことになった。

 

正確には、「妻」との関係性。

 

妻と喧嘩をしてしまう理由は、

相手に期待しすぎている、こともあるのだが、それ以上に、

「自分の期待を相手に伝えていないこと」

が原因であった。

 

例えば、僕はよく皿洗いやトイレ掃除など、家事をやっており、

それでしっかりイクメンとしての役割を果たしている自負があった。

 

しかし、妻からしたら、そんなことより、子供達の面倒を少しでも見て欲しい、という

期待が自分にあった。

なぜなら、平日はずっと子供の面倒を見ているから、少しでもその時間から解放されたい、のだ。

それで妻は少しづつ不満が溜まって行って、ずっと機嫌が悪い。

からしたら、「こんなに自分は家事を頑張っているのに、何が不満なのだ」という気持ちであった。

 

そしてお互い爆発して、喧嘩する、その繰り返しである。

喧嘩後に、しっかり妻と話し合うと、初めて向こうの期待が見えてくる。

妻は僕に期待しているし、僕はそんな期待を知らなかった。

 

相手に勝手に期待して、勝手に裏切られたと感じて、機嫌が悪くなっていく。

今、ほとんどの家庭で起こっている喧嘩の原因はこんなところじゃないか。

 

でもなぜこれが起こってしまうのか、冷静に考えると、

「相手に期待を伝えないほうが楽」だからだ。

 

期待を明確にすることは、とても勇気のいることである。

なぜなら、お互いの相違点を直視し、双方が納得できる期待像を打ち出すよりも、

まるで相違点がないようなそぶりをし、最終的には何とかなるだろうと

思い込む方が楽だからである。

 

そんな重い話なんてせずに、なんとなく波風立てずに過ごした方が楽だ。

 

でも、それで自分の心に蓋を閉ざして生き続けると、

いざ、本当に大切な話をするときに、気持ちを伝えるのが億劫になってしまうし、

自分が自分で無くなってしまうことに多くの人は気づいているはずだ。

 

 

この期に、

定期的に相手の期待を伝える関係性を作ってみてはいかがだろうか。

 

 

 

 

大人でも童心だけは忘れてはならない

大人でも童心を持っておくことが

つくづく大切だと感じる。

 

なぜなら童心とは想像力だからだ。

 

初めて友人飛行に成功したライト兄弟も、

そのモチベーションは空を飛びたいという

子供心だったはずだ。

 

童心は

・自分の欲望に素直であり

・常識を無視して

・簡単にはくじけない強いモチベーション

 

がある状態である。

子供が砂場遊びを夕暮れまで続けられるモチベーションはすごいものである。

 

逆に童心がない大人は

・自分の心に正直ではなく

・ワクワクする未来を創造もせず

・強いモチベーションもない

状態である。

 

僕は今2歳の子供がいるが、本当に想像力豊であると感じる。

彼女はすぐに常識の境界を超える。

例えば、散歩をしていて、気持ちの良い風が吹くと

「私は風を食べてみたい!」と言ってはしゃぎ出す。

 

何かを何かに例えるのも非常にうまい。

例えば、イチゴの破片を見ながらてんとう虫みたい、とうまい表現を使ったりする。

 

小さな子供たちにとって、

大人の常識の境界は関係ない。

自分たちの小さい世界と語彙の範疇で、

その時々の感想や感情を包み隠さず表現する。

 

少ない知識は想像力を生む。

 

多くの知識が増えるにつれ、常識がつくことで、

社会に準じた行動はできる。それが大人だ。

 

でも童心がある大人は

礼儀正しいけど、あえて常識を無視できたり

自制心はあるけど強い欲望を持っていたり

芯はあるけどすごい素直だったり

 

そういう風になれると良いよな。

自分が意識していることは

 

面白いと思った商品をすぐ作ってみることである。

 

今は子供の写真を撮ることが最近スマホでめんどくさくなってきたから、

いちいちシャッターを押さなくても取れるカメラが欲しいと思って、

こんなものを買った。

item.rakuten.co.jp

 

完全に盗撮用カメラである。

完全な変質者であり、駅でこのカメラをチラつかせていたら即捕まるレベルである。

これをですね、このカメラをですね、常に首からぶら下げとくのですよ。

録画しながら。

すると!

なんと子供と遊びながら自動で遊んでいる風景を自分目線で撮影してくれるのよ!

これがあればもうスマホはいらない!

なんてわけもなく、全然うまく撮れなかったりするんだけど。

そっから

・うまく取れるような方法はないか

っていうのを考え出して、また色々と変なことを考え出すのですが、

まあこんなことを常に3つくらい考えています。

 

まあこんな感じでいたら童心はキープできると思っている31歳です。

では。

現代において死の恐怖を抑圧する方法はあるのか

よく死ぬ気でやれ、という言葉を聞くが、

死ぬ気でやれというのは、

死ぬほど頑張るのか、やれなかったら死んで償うのかよくわからないが、

死ぬ気でやると通常時よりもパフォーマンスが上がるということである。

 

でも難しいのは、死ぬ気=投げやり、になってしまったらダメと言うことだ。

「どうせ死ぬなら最後は華々しく死のう」

といってただ敵陣に突っ込むだけでは、犬死であり、

最高のパフォーマンスを発揮したとは言えない。

 

死ぬ覚悟でその都度考えられる最善の努力を行うことが正しい姿だが、

そんな境地に達することができるのは、現代社会では無理だろう。

TIKTOKで変顔体操してる現代じゃあ無理だろう。

 

でもかつての日本では、そんな境地に達した人間が何千人もいた時代があった。

江戸時代である。

 

江戸時代の武士には切腹という方法があった。

方法という言葉を使ったのは、その先に目的があるからだ。

切腹の目的は何か?

それは「命を絶つこと」ではなく、その手段を保有することにある。

切腹の手段を保有することは、人生を強くしなやかに、大胆に生きることができる。

 

それは司馬遼太郎の竜馬が行くの一文からも感じ取れる。

 

以下は武市半平太山内容堂の命により、切腹を行う場面に記載されている。 

-----------------------------------------------------------

 

武士の虚栄はその最期にある。

切腹は自分を語る最も雄弁な表現方法である。

武士の家では男の子が元服する前に入念に切腹の作法を教える。

日本人に死を軽んずる伝統があったというのではなく、

人間の最も克服困難とされる死への恐怖を、

それを押さえつけて自在にすることによって精神の緊張と美と真の自由を生み出そうとした。

その意味では切腹は単にその表れにすぎないが、その背後には世界の文化史の中で屹立しているこの国の得意な精神文化がある。

 

-------------------------------------------------------------

 

 

司馬遼太郎の文才はやはり抜きん出ており、これほど端的にその意味を

表現できる言葉はないかと思う。

 

精神の緊張と美と真の自由

 

死と隣り合わせではなく、死を抑圧することで実現できる境地である。

 

時代は変わった現代でも、この3要素は誰もが欲することだろう。

 

死の抑圧することはできないもしれないが、この境地に近づくためには、

どうしたら良いのかと考えていたのだが、それを思いついた。

 

それは、意思決定をシンプルにするのである。

 

 

例えば先ほどの美と真の自由を得たいなら、

美→自分の信念に忠実か

真の自由→自分の感性に従う

 

に伴い、日々の意思決定を続けるだけである。

 

最近自分はオープンカーを買った。うちの家庭の状況を考えたら、

常識的には軽自動車を買うべきであっただろう。(若干今でも少しそう思っている笑)

オープンカーの方が燃費は悪いし、運転しにくいし、車内は狭い。

しかもうちは小さい子供が2人いる。オープンする日なんて1年の中で数日かもしれない。

 

しかし、軽自動車とオープンカー、どっちが楽しい?

と思ったら余裕でオープンカーの勝ちであった。

自分の人生のテーマは癒しとエンターテイメントを日常に作ることである。

単純に自分の美意識に従っただけである。

 

たかが車だが、日々の些細な意思決定の積み重ねがその人の人生を形作る。

そう思った時、

意思決定基準をできる限りシンプルに、可能な限り「生き方に忠実に」し続けることで、

もしかしたら、

真の自由を得られるのではないかと思う。

その果てには、自分の美意識を貫いた先には

何が待っているのだろうか。

 

 

 

 

 

「お願い力」さえあれば人生はうまくいく

僕たちはみんな、産まれた瞬間からず〜っと誰かにお願いをして生きてきました。

 

幼い赤子は、お母さんのおっぱいが欲しいとお願いして泣き叫びます。

思春期の高校生は好きな子に告白して付き合って欲しいとお願いします。

大学生の頃はテスト前に優等生のノートのコピーをお願いし、嫌な顔をされます。

それは社会人になっても同じです。

 

しかし、社会人になるとこのお願い力はあらゆるスキルの中でも圧倒的に

大切だと痛感します。

だって、お願い聞いてくれないと大きな成果が生み出せないからです。

自分一人の力って限界あるしね。

 

 

お願いをするとき

・子供は自分の要望を伝える

・大人は相手のメリットになるように伝える

 

とはよく言うことですが、

人にお願いをするのが苦手な人はたくさんいるかと思います。

かく言う僕もお願いするのが嫌です。なぜならシンプルに嫌な顔をされるケースが多いからです。

お願いしてくれてありがとう、と眼を爛々に輝かせる人はドMです。

 

僕は商品企画という仕事柄、毎日あらゆる人にお願いをしなければならないし、

どんなお願いの仕方をしたら、相手が気持ちよく仕事をしてくれるか常に考えてます。

 

これデザインしてくれませんか?

これ今年度100億売ってくれませんか?

このサイズをベースに設計してくれませんか?

ていうかむしろお金くれませんか?ねえ部長?

 

 

しかしこれだけお願いしまくっていると、なんだかんだ人にお願いするテクニックが身についてきます。 

そして、このお願い力は、

令和時代の必須スキルになる。(はず)

なぜなら、

・企業という枠を超えたプロジェクト型の仕事がインターネットによって誰もがつながる社会になったことで増えて行くし、

・あらゆるコストが低下して行く中で、簡単に外注して仕事を依頼することも増えて行くし

 

 

ではどうやったら自分のお願いをみんな聞いてくれて、うまくいくのか。

人生をうまく進める「お願い力」を皆さんにお伝えします。

 

①お願いの本質を理解しているか?

これがまずは一番大事です。

意外にお願いする側がお願いの背景やその意味を理解していなかったりします。

かく言う僕も、営業から言われたことを開発に受け流してお願いしていたことが良くありましたが、開発から2〜3質問されて、「?、営業に確認します」ってなると、

「は、こいつわかってねえな、死にやがれ」ってなってお願いを聞いてくれません。

お願いを依頼された背景は当たり前ですが、一回自分で立ち止まって本当にお願いする必要があるのか?まで考える必要があります。これはまずは一丁目一番地です。

 

②お願いの妥協点を持っておく

これは交渉テクニックになってくるのですが、

お願いをして向こうに飲んでもらう妥協点を自分で設定しておきましょう。

で、その妥協点を超える要望をまずは向こうに依頼します。

飲んでくれたらそれでいいですし、もし断られたら

じゃあこれはやってくれよ、と妥協点のちょい上の水準のカードを切ります。

 

みんな自分のお願いをフルで飲んでくれると思っているからうざがられるのです。

怠慢です。笑

最低限ここはお願いしてやってもらうけど、他は断られたらしょうがない、と言う

水準を持っておくだけでだいぶお願いの仕方も楽になります。

 

 

③事前にお願いしておく

これも結構大事です。

いきなりお願いして、しかもタイトな納期を伝えると切れられます笑

逆に、お願いしそうな案件が発生した瞬間に

「もしかしたら来週にこう言う案件でお願いさせて頂くかもしれません」

と言っておくだけで、だいぶお願い聞いてくれやすくなります。

つまり全体スケジュールの把握と事前インプットですな。

 

 ④お願いをするときの最高の枕詞「例えば」

基本的にお願いはみんなされたくないです。めんどくさいから。

だから、ダイレクトに「これ、お願いします!」と言うとうざがられますし、

そこをいかにいい感じに伝えられるかが鍵になります。

そこで最強の枕詞は「例えば」です。

 

これめっちゃ使えるんですね。

開発に図面をお願いするときも、

「例えば、10日後に納期を設定するのはいかがですか?」

営業に販売見込みを出してもらう時も

「例えば、御社だけで50億程度の見込みを設定させて頂いてもよろしいですか?」

例えばって言いながら、さりげなく自分の要望を伝える。

すると、仮の話になるので、お願いプレッシャーが弱まり、お願いされる側も、

実現性をリアルに考える思考になってくれます。

 

⑤お願いを妨げる敵を理解する

アラフォーの頑張り屋さんの独身OLに多いのですが、

お願いをすると、だいたい機嫌が悪くなります。

彼女たちは頑張り屋さんで仕事もできるので、周りからいろんな仕事を振られていて

忙しいからです。

その彼女たちが抱える仕事の中でどうやって自分の依頼の優先順位をあげてもらうか、

そこが腕の見せ所です。

コツは、彼女たちの不満を理解して、同じ方向を向くことです。

なぜ彼女たちが忙しいのか、上司にたくさん仕事を押し付けられてるかもしれません。

そういう時は、さりげなくその上司をdisりつつ、相手を慮る言葉をかけてあげましょう。

そうすると、自分に向けられていたうざいベクトルが、

上司にベクトルが向けられ、自分の依頼した仕事のうざい度も低下します笑

その瞬間の間隙をぬって、納期を区切ってお願いしたら大丈夫です。

 

f:id:tai0426-1988:20200326214926p:plain

 

 

 

 

 

⑥お願いする理由の説明は超ロジカルに

お願いしたらなんで?って聞かれて、定性的に答えると開発は動いてくれません。

逆に、こんだけのマーケットがあって、この仕様にするとこんくらいのゾーンが取れるから、やる価値があるのよ、と適当な論理的説明をすると結構聞いてくれます(弊社だけ?!)

 

大義

このお願いがどれだけ意味があるのか、あなたのキャリアメリットにつながるか、

その大義を伝えましょう。

これは発売直前を迎えた修羅場な状況で、もう間に合わない。だめだ、となった時に

企画が使う鬼手

「この仕様が実現できなければやらないほうが良い」

を発動。

しかし、これを言った後に、この難局を我々が乗り越えることがどれだけ意味があるか、成長につながるか、企業価値につながるか、その大義を意気揚々と伝えるのじゃ。

えいえいお〜

 

⑧お願いを断られたら「ありがとう」と心で思うこと

お願いとして最悪なのは、「一見お願いを聞いてくれるけど動いてくれない人」

 

です。

なぜならお願いしたのに、仕事は進んでいないからです。

だったら、初めからお願いを断られた方が、次の対策ができるので、良いですよね?

だから、お願いをして断れらたら「ありがとう、ロスタイムを無くしてくれるんだね」と心から感謝しましょう。

 

これに対しては、

・動いてくれないことを想定して別の手を打っておく

 

もしくは

・動いてもらうために別の力を使う

(例えばその人の上司から落としてもらう)とか

 

そんなプランも持っておきましょう。

 

とまあほんとはもう10個くらいありそうだけど、もういいや。

みんながんばろ〜

 

 

【書評】人類を前に進めたい

猪子さんのことは随分前から知っていたし、

毎度彼の取材や特集記事には目を通していた。

今回、初めてまとまった文章として読めるこの本にも非常に興味があった。

そして読み終えた感想、驚愕である。

 

猪子寿之という巨大な哲学者の思考スケールに驚愕した。

 

TeamLabの作品がなぜこれほどまでに人を魅了するか?

それは彼らのビジョンが唯一無二だからだ。

 

例えば、もしTeamLabのビジョンが

美しい空間を作ってみんなを驚かせたい、

のような稚拙なものなら、あの空間は生まれない。

 

TeamLabには強烈なビジョンがある。それは

「物理的には自分の肉体と世界には境界があるが、

 実は世界と自分や他者は連続していること」

 

だから、作品においても

・作品や空間の境界を無くし、自分が空間の一部に感じること

・他者によって作品が変化し、他者と自分の関係が自然とポジティブに感じること

・何億年という生命と自然のスケールを作品を通じて感じ、

 自分という存在は長い地球の年月の一瞬であると感じさせる

 

 

など、強烈なコンセプトの作品を考えることができる。

だからそんじゅそこらの空間デザイナーは太刀打ちできない。

そもそもの思想の器が琵琶湖と太平洋レベルで違うのだ。

 

この書籍で、対談者の宇野さんが

「チームラボの作品は美しいものを見せるというわけではなく、美しい関係性を体験させている」という。本来不快なはずの他社の存在がチームラボの作品では面白さに変わる。

これがまさにチームラボの作りたい新たな美の価値基準なのだと思う。

 

新たな市場を創造するためには、これまでの価値基準を変える必要がある。

その一つがアートであり、チームラボはアートという切り口から挑戦している。

さて、自分はどんな切り口で勝負を仕掛けるべきか。

 

 

 

1億総感情移入時代、という病

最近twitterをやめようと思ってる。

世の中の罵詈雑言が最近増えており、僕の生活を乱しているからだ。

 

現代の特性はまさに1億総感情移入時代だ。

絶えず入ってくる情報に感情移入をしてしまい。

自分に関係のない人たちに腹を立てる。

芸能人の不倫が最たる例だ。

でもこれはインターネットのせいだけじゃない。

 

理由はご近所付き合いが減ったためだ。

インターネットが発達する前、ご近所づきあいはいまよりも活発だった。

だから、近所の噂話もたくさんあったし、主婦たちは噂話をネタに生きている人もいるだろう。

でも近所づきあいが減ったら、噂話も陰口も言えない。結果どこに求めるか、そう、

インターネット上の空間だ。ここなら自由に悪口は言える。

 

だからどうするというわけでもないのだけど。