日々の思考の積み重ね

家電メーカー企画マンの独り言ブログ

サブスクリプションモデルを成功させるために必要な考え方

あらゆるサービスがサブスクリプションモデルを導入しようと躍起ですね。

あぁ、また始まったな。と僕は思いながら、色んな企業のサブスクサービスを眺めてますが、かつてのIoTやデータビジネスと同じように、

手段が目的になっている典型です。笑

だって、サブスクリプションってマネタイズの手段ですやん、

それを目的にしてどうすんの?と思いながらも、

自分自身サブスクサービスを展開しようとしている身なので、

その辺の思うことをまとめたいと思います。

 

目次 

 

 

①そもそもなんでサブスクリプションモデルが増えてるのか?

まず、僕の中でのサブスクリプションモデルの定義は

(1)利用期間に応じた支払い(途中解約も可能)

(2)サービスがアップデートされる

です。

 

(1)だけならただのリースやレンタルですが、

(2)があることによってサブスクリプションと言えるかと思います。

(そもそも(1)だけをサブスクと思っている恥ずかしい企業もいます) 

taitaitai.hatenadiary.jp

 

 

では、なぜサブスク化が進んでいるのか、それは大きく二つの理由です。

一つはAmazonNetflixなどのテックジャイアントが

無尽蔵の体力を生かし、低価格でお得感あるサブスクサービスを構築してしまい、

他の企業が焦ってるからです笑

 

 

二つ目は、顧客獲得コストが上昇しているため、お客さんと関係性を持ち、LTVを上げたいからです。

情報が爆発し、企業からのメッセージが届きにくい現代において、

一度お客さんになった方を逃すのは勿体無いですよね。

 

もちろん時代の変化が激しくその都度顧客の課題も変わるため、柔軟にサービスを変化させないと顧客の課題解決にならないし、

企業は顧客とつながり続け、彼らの声を得ながら、カメレオンのようにサービスを変化させることが必然になりつつあるからです。

 

 

  

サブスクリプションモデルで成功するために考えるべきポイント

こっからが本題です。

まず超大前提として、お客さんの気持ちになってください。

月々で支払うサブスクサービスって普通に嫌じゃないですか?

ちなみに僕は嫌です。だって毎月お金払いたくないやん。

月々支払う携帯代金でさえも、嫌気がさしてます。

 

僕はかなりケチな部類に入ると思ってて、大体のサブスクサービスは初回の一ヶ月無料だけ体感して、ほとんどやめます。

唯一やってるのはアマゾンプライム会員くらいですね。他は全部辞めちゃいました。

結局、コスパがあまりよくないんですよね。

 

そして僕だけじゃなく、仕事柄様々なB to Bのお客様にもヒアリングしてきた結果、

みんな同じです。

みんな月額お金払いたくないです。

 

そう、ここに心理学的に大切なポイントがあります。

サブスクを成功させるには、「月々支払うことによるお得感」が必ず必要です。

そして更に大切なことは、この「月々支払うことによるお得感」

というのは何かと比較してお得感を感じさせなければ絶対ダメです。

 

例えば、サブスクの代表格であるNetflixですが、

彼らのサービスの比較対象は、「自分でDVD屋に行ってビデオを一本ずつレンタルする」です。

DVD屋に行ってわざわざ一本づつ借りてお金を払うよりは、

Netflixで色んな映画を見れた方が楽だしお得だからみんなお金を払ってるわけです。

 

この視点に立つと、逆に失敗した事例の理由もわかります。

例えばペッパー君、月々9800円の通信費がかかります。

(その他諸々合わせると3万弱/月)

「ペッパー 寿司屋」の画像検索結果

 

SoftBankの目論見としては、

バイト一人雇うよりは、ペッパー1台の方が安いですよ、ということでの価格設定かと思いますが、多くの購入した企業ではバイトの削減に繋がらず、解約したところが多かったですね。

逆にバイトとしてしっかり機能している企業では継続して導入しているようです。

 

③ハードウェアでサブスクリプションに成功しているサービス

こっからは自分自身がハードウェア屋なので、メーカーの事例をあげたいと思います。

日本メーカーで代表的なのはSONYでしょう。

aiboやプレステでハードとサービスを組み合わせたモデルを行ってます。

aiboなんかも月々2980円の費用が発生しますが、

これは本物のワンちゃんを買って毎月餌をあげたりする費用に比べたら、

まあ安いよね、ということだしいい感じの価格設定をしています。

 

 

 

参考:

ソニー復活を牽引、PSとアイボの絶妙「サブスク」モデルの仕組み | 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ | ダイヤモンド・オンライン

 

 

 またアメリカで超人気のPelotonという自宅用エアロバイクですが、

これもハード+月々39ドルかかりますが

ジムの毎月1万円比べたら、安いよね、という感じですよね。

yogajournal.jp

 

このようにハードウェアとサブスクサービスを組み合わせた成功事例でもそうですが、

既存の何かと比較してのお得感がなければサブスクは絶対成功しないでしょう。

 

④ハードウェア企業がサブスクリプションを行う上で大切にすること

最後にいくつか思ったことを。

SaaSだけでなく、ハードウェアとSaaSを組み合わせたモデルが今後のメーカーの勝ち筋の一つになってきます。

その時メーカーの我々は何を考えれば良いか。

 

一つ目は、ハードだけでなく、ソフトウェアによるサービス価値の比重を大きくしておくことが重要になってきます。

先ほどのPelotonはまさにそうですよね。

エアロバイクというハードはあくまでサービスの一部で、どちらかというと全員でリアルタイムに

特別な講師からエクササイズを受けられることが重要な価値です。

 

炊飯器なんかは釜とか圧力などハードに起因する要因がすごい大切で、

ソフトウェアでアップデートできるといえど、温度と時間くらいです。

プロダクトの比重が大きすぎると、物さえ買えば良い、で終わってしまうので、

初めからソフトウェアの価値比重を高める設計が必要です。

むしろオープンソースにしてしまって、サービスが無尽蔵に増えていくようにしても良いかと思います。

 

二つ目はサービスの付加価値としてコミュニティを構築すること。

特にユーザー同士で繋がりを作ることができ、それでさらに素晴らしい体験ができればサービス価値が高まります。

www.strider.jp

 

例えばストライダーという最近流行っている子供向けの自転車がありますが

これは商品購入後も様々なイベントを行っており、体験価値を高めているが、

これをサブスクリプション化してしまい、イベントに優先的に参加できるような権利を得ることができる、などは熱いと思います。

 

 

三つ目は、マネタイズプランを複数作ることです。

僕がお客さんと話す中で、よく言うのは、特にB to Bの場合、サブスクに厳しいですし、費用対効果に対してかなりシビアです。

ハード導入費用だけでそこそこ金がかかるのに、さらに

月額サービス費用もいるのかと。

なので、サービス部分はフリーミアムのように、無料で使える部分と有料で使える部分を分けて提供し、たまに有料サービスを無料提供し、

そこから有料サービスに誘引する戦法が有効かと思います。

ハードの場合、お客さんが初期費用をかけて導入はしているので、

チャーン(解約)はSaaSだけに比べたらされにくいかと思います。

なので、積極的に有料サービスを体験できる機会を提供し、多少プロモーション費用をかけても貪欲にアップセルを狙う戦法がいいかと思います。

 

ハードウェアの場合、ハードの製造費用がそこそこかかるので、ハードをばらまく戦法はアマゾンのように体力がある企業でないと難しいですし。

 

以上、皆さんサブスク頑張りましょう!

 

 

 

 

成長が実感できなくなってきたらを脳みそトレーニングを行うようにしよ

自分が成長している実感を得られない人は多いだろう。

そんなとき、どうしたらいいのか?

成長してる実感を得るため、目に見えるもの、

例えば資格の勉強を始めたり、

トイックのスコアをあげる勉強を始めるのはわかりやすい。

 

でも、この世には、目に見えるスキルと見えないスキルがある。

後者を俗に暗黙知という。そして今必要とされるスキルは暗黙知である。

コモディティしないからだ。

 

 

 

暗黙知のスキルを成長させたいが、これは残念ながら、非常に実感しにくい。

数値化されないからだ。

例えば、営業のプロフェッショナルが自分の営業スキルは何点ですか、と聞かれても答えられない。

その代わり、お客様と対峙する中で、瞬時に答える判断力や、

聴き心地の良い声色、顔の表情など、それら全てのトータルが営業力である。

 

そのスキルを鍛えよう、と思っても、それは鍛えようがない。

なぜなら実戦の中で磨かれるものだからだ。

 

でも日々の中でその暗黙知が成長している実感が欲しい時がある。

不安だから。

そして暗黙知に限らず、自分自身がちゃんと成長できているかが

不安になってくる。

 

そんな時は自分の脳みそにどれくらい負荷をかけて、

日々考えているかを指標にしたら良い。

例えば今日1日を振り返って、あ〜脳みそを使ったな〜と思えたら、

それは一つの成長であるはずだ。

逆に、脳みそを全然フル稼働しなかったな〜と思ったら、

それは良くない。

 

でも、何をどう考えたら良いか分からない、ということもあるかとおもう。

そんな時のために、超お手軽の「脳みそトレーニング」を思いついた。

内容は以下だ

 

----------------------------------------------------------

①やってる仕事の目的を考え直す

②目的を達成する手段を考える←多分今の仕事内容

③全然別の方法で目的を達成する手段を考える

----------------------------------------------------------

 

多分、多くの人は①をあまり深く考えずに、まず②を考えているとおもう。

でも、もう一度目的を考え直す。

この時、自分の組織だけでなく、その上位レイヤーの事業感含めた最適な目的を考える。そして目的を考え直すってめっちゃ難しい。

なぜなら事業環境次第で目的は刻一刻と変わるから。

そして、②を考えた後、今度は全然別の方法③でその目的を達成する方法を考えて見るのだ。全く別の方法で、逆側から考えてみる。そして②と③を比べて、どっちが良いかと考え直すのだ。

 

これだけで、脳みそをフル稼働させるトレーニングになる。

これを毎日続けたら、結構なビジネス筋肉が身につくとおもう。

まず反論に強くなる。

反論は一度その思考をした結果、こちらを選んでいるというロジックの説明だけで良いからだ。

そして、説得力が上がる。言葉に熱がこもる。その方法しかないとおもうからだ。

 

ぜひお試しアレ。

 

イチローとの思い出

イチローが引退してしまった。

引退直後はショックであまりイチローのことは考えたくなかった。

それくらいイチローは僕の精神的支柱であった。

 

 

ちなみに僕は生のイチローを一度も見たことがない。

全てテレビ画面越しのイチローである。

 

でもなぜか、

僕の古い記憶の一ページにイチローはしっかり刻みついている。

それは、1990年台半ばの、イチローオリックスにいる頃、確か優勝したシーズンだと思うのだが、

彼がホームランを打って、チームメートに祝福されているシーンだ。

 

ベースをゆっくりと回るイチローの映像と、

そのとき親が「イチローはすごい」と言っている記憶だ。

当時幼稚園の自分がイチローという存在を認識した瞬間だった。

そのあと、確かガソリンスタンドでイチローの写真が入ったペンケースをもらった。

それがすごい嬉しかったのを覚えている。

 

 

それから学校の図書館でイチローの本を読み、彼のストイックな人間性を知った。

特に子供の頃毎日バッティングセンターに通っていたスパルタ教育を知ると、

彼への興味が強くなっていった。

次男なのに、「一郎」と名付けられ親からの期待を一身に背負う。

小学校の卒業文章でのプロになる宣言。

全てが輝いて見えた。

 

 

パワプロでも、イチローは圧倒的なパラメータで、特に肩は素晴らしく、

他の選手はノーバウンドで届かないような距離でも、

イチローならノーバウンドでホームまで届いてしまう。

 

イチローが打率4割に最も近づいた1999年ごろは、毎日スポーツ新聞をおじいちゃんの家で読むのが楽しみだった。

当時イチローがシーズン中に打率398まで到達したことがあり、

イチローの成績に僕は毎日一喜一憂していた。

結局4割にはいかなかったが、本当に夢の4割に届いてしまうのではないか、毎日ハラハラしていたし、そんなイチローの存在が誇らしかった。

小学校高学年になり、草野球にハマると、僕はオリックスの青色の帽子を被り、左打席に立ち、振り子打法イチローの真似をしていた。

全然打てなかったが、それでも彼に近づいている自分の高揚感はあった。

 

そんな僕に、初めてイチローに会える時が来た。

それは、オープン戦だったと思う。親が野球のチケットを取ってくれたのだ。

僕は胸が高鳴った。

あのイチローに生で会える。

しかし、イチローはその試合には出てこなかった。

ちょうどメジャーに一週間の練習に行っていたのだ。

僕はショックだった。

そして一年後、イチローはメジャーに行き、僕がイチローに会えることはなくなってしまった。

 

彼がメジャーに行った後も、ずっとファンだった。

彼がメジャーで初めてレフト前に打ったポテンヒット

僕はバスケ部であったが、海をこえたアメリカで結果を出し続ける

侍バッターとして誇らしかった。

2004年の年間最多安打記録を達成したとき、僕は高校生になっていた。

夏頃に一時調子を落としたイチローの様子を見て、

僕はもう年間最多安打は無理かもな、と思った。

しかし、その直後に起死回生の5打数5安打をぶち込んだイチローは、そこから息を吹き返し、伝説の記録を達成してしまう。

記録達成時の安打もイチローらしく内野安打で、その姿に感嘆した。

 

それから僕は大学生になり、野球とは全く違うスポーツにハマるわけだが、

それでもイチローのことは追いかけていた。

彼がWBCで打った決勝点には家族みんなで大絶叫した。

椎名林檎イチローのために作ったスーパースターは僕の通学時のお気に入りソングだった。

Youtubeイチローのスーパープレー集を見るのが好きだった。

イチローの格言は就活で悩む僕を励ましてくれた。

 

僕が年齢を重ねるに連れ、イチローの成績にも少しづつ陰りが見え始めた。

そしてイチローヤンキースに移った。

僕はなぜもっと早く移らなかったのか、不思議に感じたが、そこは彼の中のポリシーがあったのだと思う。

僕は社会人になった。イチローフィリーズに移っていたが

少しずつ出場機会が減っていた。

僕は悔しかった。なぜイチローをもっと起用してくれないのか。

彼をフル出場させたらもっと結果を出すはずだと。

でも彼はそんな中でも代打起用を続けられ、それでも数少ないチャンスを生かして頑張っていた。

代打記録の2位までなったときも、僕は本当に嬉しかった。

1位じゃなきゃ意味がない、とイチローはいうが、僕はそんなことはないと思った。

 

その後、イチローマリナーズに帰って来た。しかし、2001年のようなプレーヤーとしてではなく、監督のような立場でほとんど出場する機会がないようだった。

辛かった。

でもどこか期待していた。またイチローだったら結果を出してくれる。

イチローだったら、イチローだったら、まだまだやれる。誰よりもコンディションに気を使って来た、誰よりも努力を続けて来た、誰よりも野球が好きじゃないか。

 

 

 

 

僕はイチローが本当に50歳まで野球を続けると思っていた。

多分日本に帰って来たら、もしかしたら野球を続けることができたかもしれない。

しかし、彼はこの春のキャンプの時に感じてしまったらしい。

自分のバッティングがもうできない、と。

彼が50歳まで野球を続けることは、

自分のバッティングを続けられることが必要条件であったのだと思う。

 

しばしば日本人はイチローをメタファーに使う。

プレフェッショナルとしてのイチロー

一つのことを積み重ねる努力家としてのイチロー

侍としてのイチロー

 

 

 

僕の中のイチローは孤独なスーパースターである。

そして、かっこいい。

だから、イチローが現役でいるこの時代に生まれて本当に良かったと思うし、

彼の素晴らしいプレーで一喜一憂させてくれたことに本当に感謝している。

そして、日本中に多分僕みたいなイチローファンはたくさんいるのだと思うし、

イチローが野球を辞めることを知って本当に辛かった。

 

もしイチローに会える機会があるなら伝えたい、

もっと野球を続けて欲しかった

と。

そして、夢を見させてくれてありがとう。と

他人の受けゆり発言をするのは浅い人間に見えるからやめよう

私の知り合いの話だが、以前彼は営業先の社長と何気なく話していたら、ちょっと話が逸れて、男女差別についての議論になったらしい

 

世では男女平等は当たり前であるし、ちょっとでも男尊女卑の発言をすると周囲からフルボッコにされる現代において、あろうことかその社長は、男女差別をするべきだと喝破したのだ。

その理由は

「明日戦争が起こったら、男は戦地に行かなきゃなんねええんだよ。だから男を優遇する男女差別は当たり前だ」

とのロジックを繰り広げだのだ。

 

この社長の発言の正しいかどうかの議論は置いとく。

大切なことは、彼の主張は全くもって空虚に聞こえないし、むしろ素晴らしい自信や熱意、エネルギーを感じる。

 

一方、以前私の知り合いがネット系の討論番組に出演していたが、

彼の発言は喋れば喋るほど「空を切って」聞こえてしまった。

その彼が喋っていることは至極当たり前の一般論的意見が多かったのもあるし、

また有名人の言葉をそのまま自分の言葉のように使っていたのだ。

 

 

で、彼の発言は冒頭の社長と比べて、なぜ空虚に聞こえてしまったのか?と

色々と考えていたが、「言葉に温度がこもってない」

ことが原因だと思ってきた。

 

逆に温度をこもらせるには、二つの要素が必要である。

 

①目的が主張ではなく新たな解釈

②抽象的ではなく具体的

 

冒頭の社長の発言に戻ると、

彼が伝えたかったのは、「男性というのは軍事的リスクを常に払っており、男という存在に生まれただけで死ぬリスクが高い。だから優遇されるべきだ。」

という、今まで焦点が当てられなかった男性が背負っているリスクに目を向けさせるという、新しい解釈を与えた点だ。

そして、戦争という超リアルな具体的ワードを伝えることで、僕たちには

その主張がありありと熱を帯びるのである。

 

で、結局受けゆり発言は、新しい視座を与えてくれることが少ない、なぜなら、それ自体は一般的な言葉になっているケースが多く、そもそも自分の主張の補足として使われるケースが多いからだ。

よくあるのは、大前研一さんの名言である、

「人が変わるためには、時間の使い方、付き合う人、場所の三つを変えれば良い」を

使って、だから俺の主張は正しい、みたいに言う輩がいるが、これなんかは典型的な主張の補足として使うケースである。

いや、お前本当にそんなことあったの?と言いたいし、じゃあ具体的にその経験を言ってみ?といってもいえないだろう。

 

 

要するに、普段から自分なりの新しい解釈のストックを持っておくこと、

つまり持論を持つことが大切だということである。

 

taitaitai.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

新商品でヒットを生み出すためには怠惰な現代人の特性を抑えておけ

イノベーションとは市場の創造であるが、ある程度市場を創造した、と言えるためにはキャズムを超える必要がある。

キャズムはアーリーマジョリティ層に到達する狭間であるが、

狭間を越えるためには、

「適度に想像を裏切りながらも適度な理解をされるサービス」である必要がある。

 

何故ならぶっ飛んだサービスは一般人には理解されないからだ。

しかし、一般人に馴染みの深いものでありすぎても、彼らは面白みを感じてくれない。

だから、

・想定の裏切り具合

・理解しやすさ

という二つの変数を調整して、これらの掛け算が極大となるようにサービス設計をしなければならない。

 

 

しかし厄介なのは現代のマジョリティ層の感情に地殻変動が起こっているからである。

たとえば以下はわかりやすい例である

 

①一億総堕落社会

あらゆるサービスがスマホで完結して、めちゃめちゃみんな面倒くさがりになってきている。だから、取引コストが低いサービスであることは必須である。

 

②口コミ社会

情報が多すぎて、信頼できる人からの口コミが重要になってきている。

 

③生きがい社会

選択肢が多すぎて、人生に新たな解釈を求めている

 

今日、大切なことを伝えたいのだが、特に①についてである。

 というのも、はじめ論じた

「想定の裏切り具合」を追求すると、何かを従来品と比べて変化させる必要がある。

たとえば、提供価値、なのかデザインなのか、ストーリーなのか、わからないが、

ことハードウェア商品では奇抜さを狙いすぎると取引コストが上がってしまう傾向がある。取引コストはその商品を扱う上でのかかる時間である。

 

たとえば、セグウェイなんかがわかりやすい。歩くという動作に対して、すぐ起動できるのは良いが、たとえば階段は歩くほうが断然早い。

一方ITサービスは奇抜さを狙いすぎてもそんなに取引コストは上がらないのでチャレンジしやすい。

tikitokみたいなサービスをガンガン打ち出していっても、競合は暇つぶしの時間であるし、そもそもスマホUIなのでそんなに時間はかからない。

 

したがって、ハード系のサービスで気をつけなければならないことは

「奇抜さを狙いすぎないことである。」

この微妙な加減を企画マンとして覚えておきたいところである。

逆に取引コストが上がらないのであれば、奇抜さを狙っていっても問題ない。

 

わしがもしLINEの社長ならどうする?

さて、本日はLINEです。

現在利用者数は世界で2億人。

日本でも最大のコミュニケーションサービスを展開してます。

 

LINEの最近の動きとしては事業の多角化によるLTVの向上が見受けられます。

ザーッと並べただけでもこの数年でかなりのサービスの数が増えてますね。

 

コミュニケーション軸

 ・メッセージ

 ・ゲーム

 ・漫画

 ・ニュース

 

コマース軸

 ・ショッピング

 ・デリま

 ・ラインフレンズ

 

金融業

 ・ラインペイ

 ・ラインバンク

 ・ライン家計簿

 ・ライン投資

 

そのほか

 ・ライン旅行

 ・AI スピーカー

 

という状態ですが、今日は個人的にラインの課題と対策を考えてみました。

 

1、ラインの課題は?

 順風満帆に見えるラインですが、いくつか課題があると思います

 ①海外シェアの向上

 ② クーポンやポイント以外の誘引サービスの構築

 ③シナジー効果の向上

 

①については海外でのシェア向上が必要ですが、日本はほぼ飽和状態。

インドネシアは低下傾向ですので、何かテコ入れが必要です。

まあここはまた別機会にでも論じたいと思います。

 

本日は②について話したいです。

ラインのサービスモデルは基本的にマッチングです。人と人、人とお店、人と会社、その中でもラインの稼ぎ頭であるLINE@などはお店とお客さんをラインでつなぐサービスです。

ただ、LINE@は何やってるかっていうと、単純にラインからクーポン出してるだけです。

カンフル剤的な意味はありますが、正直持続的なビジネスではないでしょう。

というのホットペッパーも元々はクーポンサービスビジネスでしたが、今は予約サービスやソリューションビジネスとして変化したことで生きながらえています。

 

経済合理性だけを価値に進めるラインの施策はいずれお客さんから飽きられます。なので新しい展開が必要です。

 

2、対策

ではどんな価値を提供していくかですが、抽象的なワードで説明するとするなら

「カスタマーサクセス」です笑

どうやって店舗の課題を解決していくか、経済合理性以外の価値を狙っていくなら

一つは内部コミュニケーションの向上です。

これは従業員や店長、もしくは本社スタッフ達とのコミュニケーションの向上による従業員満足度の向上を目指します。

具体的には、

ラインを通じた従業員のスケジュール管理、給与支払いはさる事ながら、

満足度調査や働き方アンケート実施などを行います。

これらを通じてスタッフ達がどうやったらよりお客様満足度を高めるコミュニケーションが取れるか、また働きやすい環境を作れるかをサポートします。

 

さらに次の展開としてはお客様と従業員スタッフとのコミュニケーションのきっかけを作ります。

具体的にはラインのスタンプサービスのように簡易にお客様がお店に対する意見や不満を伝えることができるデバイスを開発します。

イメージはHappy ot notみたいなものです。

 

HappyOrNot®(ハッピーオアノット)顧客満足度向上ソリューション

 

 

これらの結果をスタッフごとや店舗ごとに集計し、

従業員のモチベーションアップにすることや、店舗ごとのサービス改善に活用することも可能です。

 

やはりラインといえばコミュニケーションを滑らかにすることであり、

次はオフラインのコミュニケーションをいかに活性化できるか、そこに焦点を当てたサービスを展開していくことがラインの新たな価値であり、リアル店舗のあるべき姿に最も貢献できることだと思うのですよね。

以上。

 

 

 

 

 

 

 

「東京女性図鑑」を面白くしている真実  ネットドラマ特有のUI設計

いやー久しぶりに面白かったドラマを発見しました。

ネットドラマ「東京女性図鑑」です。

アマゾンプライム会員限定ですが、バチェラーに継ぐ名作でしたね。ストーリーとしては東京タラレバ娘みたいな感じで、自分の幸せを見つけようと頑張るが、東京という街に翻弄され続けるある女性の成長物語です。

 

このドラマは普通のドラマ仕立てなんですが、最大の特徴は随所随所で主人公や登場人物達が心の声を語る、というシーンが入るんです。

妥協して結婚したアラサー女、客をなじる高級呉服店の女性スタッフ、タワーマンションヒエラルキーに辟易する奥様の声、

彼女達が語るその心の声が妙にリアルで、人間の本音や心の汚い部分、理想と現実に挟まれて妥協する切なさなど、をいい感じに表現してくれてます。

 

日常に潜む女性たちの声を描き、切り取ることこそが、このドラマのタイトルにもなっている通り、「東京女性図鑑」なわけです。

 

このドラマを面白くしているのは脚本は勿論なんですが、

ネットドラマ特有のある工夫が施されていると感じました。それを述べます。

 

1、そもそも面白いドラマとは?

まず僕が思う面白いドラマの定義を述べます。

それは結果が予測できることです。

なぜかというと感情移入できるからです。

 

例えば僕の好きなドラマ「やまとなでしこ」では、貧乏人の欧介という魚屋の主人公が、恋心を抱く女性に勘違いしてカメレオンのおもちゃをあげてしまいます。

(その女性が欲しかったのはカメレオンというブランドの高級時計でした)

 

実際のドラマシーンでは、欧介がカメレオンのおもちゃが売っているお店を偶然発見してしまうのですが、見ている側は「まさかそれを買って桜子にあげちゃうの??!」と結果を予測してしまうのです。

そして本当にあげてしまって欧介は恥をかくのですが、この時の僕達の心のプロセスは

・結果を予測する

・結果が外れるor当たる

・感情が揺れ動く

となってます。

で、世間で言う「共感」ってのは感情の揺れ動きなわけですが、

その共感の正体は脳内で延々と「予測」と「当たりor外れ」の繰り返しをしているだけです。

そして面白いドラマは圧倒的に「思わず結果を予測させる」しかけがうまいです。これはドラマに限らず、映画でもプレゼンテーションでもそうなんですが、人間は正しい順番で情報を与えられると、勝手に脳が予想しだします。

例えば「バナナ」と「ゲロ」と言う言葉を唐突に与えられたら、

嫌な映像を人間は浮かべてしまいます。

スティーブ・ジョブズがプレゼンで「電話とipodとインターネットの融合だ」と言ったらそのデバイスを勝手に想像してしまいます。

 

 

プロの脚本家が描くドラマも同じで、登場人物の一見意味のないシグやさ、何の気なしに描く街の背景を時系列に提示することで、

その登場人物達の感情の輪郭を描き、それを視聴者に予測させたり、想像力をかきたてたりしてくれます。

 

 

 

逆に面白くないドラマではよく「感情移入できない」や「主人公の行動が全然理解できない」など言われますが、これは視聴者が結果を予測してくれていません。

例えば主人公の行動に一貫性がなかったり、発言と行動が伴ってない輩がいたりすると脳が混乱しますよね。新垣結衣がこの前出てた「獣になれない私たち」はまさにこれでした。

 

 

 

 

2、東京女性図鑑の場合

東京女性図鑑の場合、勿論ドラマ内でもそういう設計はされていたのですが、

僕はドラマ外の部分にその巧みな設計を感じました。

それは再生ページです。

東京女性図鑑をアマゾンで見る場合は、再生する前にその話のタイトルが見えちゃいます。なぜなら再生ボタンの横にタイトルが書いてあるからです。

東京女性図鑑ではタイトルの付け方が秀逸で、タイトルを見ただけでその話の結果を何となく予測できます。

例えば第7話のタイトルは「ブルータス、お前もか」でしたが、

このタイトルの時点で

「多分彼氏に裏切られちゃうのかな」と予測してしまいました。

 

またこのドラマでは数話ごとに「〜編」となっており、主人公が住む場所に合わせて

茶屋町編、恵比寿編、銀座編、、、となっています。

例えば僕は「豊洲編」を再生する前に、そのタイトルから

「港区ということはタワーマンションに住んだのか!?てことは結婚したの?」

と予測してしまいました。

 

つまりこのドラマでは視聴者が再生する前に感情移入のハシゴをつけて待ち構えてます。多分ネットドラマのKPIって視聴数よりも視聴時間の方が大事なんかと思います。本当の意味で楽しんでるのは離脱率の低いドラマかどうかであり、Amazonはそのあたりの設計を本当に真剣に、そして巧みにやっているなと思いました。

 

3、このドラマが伝えたかったこと

もちろん上記のはあくまで視聴者の満足をあげる一手段であり、このドラマのコンセプトや視聴者に伝えたい強いメッセージがあり、そのゴールがブレない展開だったからなのは間違いありません。

 

このドラマが伝えたかったことは何か自分なりに、考えていましたが、多分

「自分を信じる」

なのかなと思いました。

 

ただでさえ現代の選択肢が多い時代に、自分と他人を比較し少しでも人より大きい幸せを願います。

主人公の「綾」もそうでした。

綾が40歳前になり、東京の生活に疲れ、地元の秋田に帰った時、偶然高校の頃の先生に会います。

その先生は綾が東京で仕事で活躍していた時に取材された雑誌記事を嬉しく持ち歩いてました。

その当時の記事を綾に見せるのですが、綾はその記事を見て泣き崩れます。

それは自分が最も活躍していた時であり、

取材記事には「自分の決断を信じることができる」という当時の自分のコメントが掲載されていました。

でも今の綾は離婚し、仕事にも疲れ果て、自分が進んできた道が正しかったのか、自分の選択を信じてきてよかったのか、不安で泣き崩れたのではないか。

 

自分を信じる、という今最も難しい人々の命題を

このドラマの綾という一人の女性が東京に翻弄されながらも

最後はたくましく生きる姿勢を描くことで、僕たちの人生にも解釈を見出すような手助けをしてくれます。

ドラマを一気見した僕は、久々に誰かに見て欲しいドラマだなと思いました。

おすすめです。

 

 

ちなみにこのブログのタイトルでも

何となくこの記事の内容を予測できるようにして見ました。それではまた