日々の思考の積み重ね

家電メーカー企画マンの独り言ブログ

日本の就活は戦略的思考と営業スキルを高める絶好の機会

新卒一括採用という歪んだ制度に不満を抱える就活生諸君、

マインドセットをタイトルのように変えるべきです。

 

日本の雇用体系が崩壊しない限り新卒一括採用も変わらない仕組みなので、

面接というゲームに不満をたれるより、この事実に真っ向から向き合い

むしろ自分を磨く機会と思って楽しんで欲しい。と思うわけですよ。うむ。

 

エントリーシートは戦略思考の入り口、面接は対面営業スキル

まず就活をやっている人たちに言いたいのは、企業は学生というハイリスク商品を購入している、という事実です。

しかも、37年契約という圧倒的不利な立場で契約をかわされるわけですよ。

さらにパッケージに入った商品の説明書を読むしかできず、その機能を問ういくつかの質問ができるだけで、実際にその商品を使い心地を試せるわけでもなく、

途中で不具合が出たり壊れたりしても、捨てることもできず、金を払い続けるという不利な契約を結ばれるわけです。

契約内容は毎月払いの毎年無条件利息、プラス年2回のボーナス出費に加え、場所代や机、定期大、多大な諸経費合わせて、トータル5億円〜というでかい買い物をしているわけだ。

 

だいたい企業で売り上げ1000億、営業利益5%の会社で50億としても上記の五億円は、君らのバイト感覚でいうと、毎月8万円ちょっとの自由に金が使える状態において(20万/月稼いでそん中から生活費が60%)総額12万円の38年ローンという

ようわからん商品を何個も、時には何十個も超短期間で購入する必要がある、しかも毎年、という異常性を感じて欲しい。

 

で、企業人事の採用担当というのは、世界中のチームに対して、自分たちが買った商品を届ける売人のわけですよ。

 だからクソみたいな商品を届けたら総スカン食らうから必死なんよね。

で、じゃあ今年はどんな商品買うか、と考えて、とはいえ全国の店舗一点一点回って商品なんか選んでられないか、とりあえず金使って募集するわけよね。

 

するとそこにいろんな商品が集まってきて、どこどこのブランドで、どんな場所で作られて、こんな特性があるよ〜とか色んなのが集まってくるんやけど、

この商品のカタログがESというわけやな。で、いちいちカタログ見てられないから、ぱっと見で全部判断します。

で、学歴は、この商品のブランドのわけですよ。東大、早慶はポルシェやダイソン

みたいな一流ブランドのわけよね。

で採用する側からしたら、安心したブランド買う方が信頼感あるし、

仮に失敗しても上司から怒られないわけよ、だからまずは学歴を見ちゃうわけよ、

こういう現実を把握しておきましょうね。

 

で、この商品をたとえばギターとして考えてみると、 

カタログを読んでちょっと興味あるギターを、次店頭いって試し弾きしてみよかな〜

というのが次の面接なわけですよ。

でもね、店頭で商品を選べる時間はめっちゃ短いから、とりあえず、

何かの音を引いてみるわけですよ、オーソドックスなコードを鳴らして見たり、ちょっとしたソロを引いて見たり、これはまあ面接でいう質問なわけよね。

 

「学生時代頑張ったことはなんですか?」とか「あなたの強みはなんですか」とか、

ひたすらメジャーコードを弾きまくって、いろんなギター触ってみて、

どれかを選ぶんやけど、選び方のバランスが大事なわけですよ。

そりゃあ、エッジのきいためちゃめちゃメタルな音出すギターばっかりだったら、チームから叱られるから、それこそクラシックはいけるやつ、とか、

あまり特徴はないけどどんな楽曲も合わせられるとか、

この曲だけではめちゃめちゃいい音でるな、みたいな様々なギターを選んどいたら、まあなんだかんだそれが適材適所に配置されて、チームはうまく行くわけですな。

だから学生諸君はこの悩める売人という採用官の背景やメカニズムをしっかり把握しておきましょう。

 

②ギター側からの戦略的思考

この事実に対して、どうやって自分を売人に選んでもらえるか。

ここで、戦略的思考の出番です。戦略的思考とは、「目的を達成するための最良な方法を自分の限られたリソースから判断する」ことのわけですよね。

となると、この場合の目的は、「自分という商品を買ってもらう」、つまり採用してもらうことが目的です。

で、採用をしてもらうために、どのように攻めるか、ここが戦略的思考の最も大切なところです。

人事がどのような背景やメカニズムで意思決定をしているか、そしてカタログを眺めるわずか一分間で、自分という楽器が最も気持ちよく音が鳴ると伝えるために、

どんな見せ方をしたら良いか、ここを死ぬ気で考えるのが戦略的な思考の入り口です。

 

人事の背景や課題を理解すると、どんな音を鳴らすべきか見えてきます。

でもそれは案外その会社の社員から直接聞いてみたら色々わかると思います。

聞き方は、たとえばある程度事業感がある、商品企画や経営企画の社員十人くらいに、御社の課題三つ教えてくれ、と言えば何となく見えてくると思います。

くれぐれもHPなんかを参考にしないように。

 

で、彼らの背景や課題を理解すると、

じゃあ自分というギターはどんな産地でどんな音が出て、どんな環境下でも音がブレなくて、どんな人が引いたら綺麗な音がなる、と売人が喜ぶか、ということを考えて説明、つまりESに落とし込むわけですよ。

ここで、大切なことは、嘘を着くのではなく、「それに見合う部分を自分の中から切り取る」ことなんよね。

就活生はここで、いや本来とは違う自分をPRして嘘を着くのはいやだ、とかいうんだけど、自分を客観視するのって結構難しいから、そもそもその自分の自分に対する見方や理解自体が間違っている可能性が高いし、

人のいいところはたくさん存在してて、自分はこういう人間だからと割り切らず、

そのいいところをしっかり見極めて伝える、というマインドを持つことが大切なニョン。

しかしこの時あまりにも自分の価値観から外れていることを書くと

買ってもらった後、後悔することになるから、自分の価値観からブレない範囲で自分の最大の強みをクリティカルに売人が求めることにフィットさせて行くこと、これがまさに思考の要です。

 

つまりESを考えて書くことは戦略的思考を磨く絶好な機会のわけですよん

 

③面接という営業スキルの磨きどころ

見事ESが通ったら、はい、面接、つまり自分の対面セールス、営業の時間です。

面接ってやっぱり大切なんですよ。人に話し、自分の伝えるべきこと、魅力を伝えること。これはどんな業種でも、どんな市場に出ても必要です。

 

この時売人は実際の店舗に行って試し演奏を行います。

わずか十分間で自分の魅力を最大限に伝えるわけですよ。

 

ここで優秀な営業マンとそうでない営業マンを考えてみましょう。

ダメな営業は自分の商品の悪いところを伝えるのがうまく、良いところを伝えるのが下手くそです。またちょっと質問されても戸惑ったり、他社製品よりも優れた理由を言えなかったり、そんな感じ。

一方で、優秀な営業マンは、商品の魅力を伝えるのがうまいです。

またダメな部分を突っ込まれても、「確かにそういう面もあるが、実際に使って見たらほとんど気になりませんよ」という言葉をあらかじめ準備していたり、他の製品より優れた理由をスラスラ語ることができる。

優秀な営業マンとダメな営業マンは圧倒的。

つまり、就活でもできる学生は、自分の魅力を伝えるのがうまく、他の学生より何が優れており、ダメな部分はどんなカバーリングができるか、などを事前に準備していつ質問されても答えるようにしているだけです。

この姿勢や受け答えだけでもちろんその人物の本質はわからないし、

一緒に働いても全然使えないかもしれない。

しかし、自分をしっかり魅力的に伝えるスキルは、営業スキルの素地でもあり、

それをしっかり準備することだけでも仕事スキルの向上につながっているわけです。

 

 

 

だから就活を単なる一過性の出来事として、受験勉強みたいに終わった瞬間全て忘れる詰め込み式の勉強みたいにせずに、一生使えるスキルを身につえる、という意気込みで行うべきだと思うのですよ。

 

 

ちなみに外資系ではインターンが主流で、一緒に働いて使えるかどうかを判断し、

採用を決定するのが普通です。

そりゃ買った後で使えない商品だどわかったらいやですよね、クーリングオフもすぐできないし、つまり非常に合理的な判断なわけですよ。

そしてこうなると全然戦略が変わってくるよね。そもそもの戦略の目的が「一緒に働く中で有能さをアピールすること」に変化しますからね。

ただし、日本は面接という「おもちゃの箱に入った商品」を買う仕組みでしかなく、

その商品を遊んでみて購入するかも決められない社会のわけなんで、それはしょうがない。っていうことです。

 

 

以上、つらつら書いてきましたが、学生諸君は就活というゲームを

戦略的思考と営業スキルを鍛える絶好の機会だというマインドセットで楽しんで取り組んでみてください。この二つは、企画を行うとき、営業を行うとき、起業した時、

投資家になったとき、あらゆる側面で必要になるスキルです。

 

 

人生で無駄な経験がないように人生で無駄なアドバイスはない

自分の好きなことや得意なことを仕事にしろ

会社が嫌ならやめてしまえ

 

など会社や組織に属さずに、自分の人生を生きろ、という甘美なフレーズを最近目にする機会が増えた。別に人それぞれの人生だからどう生きるかは個人の選択の自由であり、全く問題ないのだが、ちょっと胸糞悪いのは

年もいかない若造が受けたこの業務は自分に向いていないから仕事辞めた、とか、

会社の上司と気が合わない、など、浅い経験値の分際で仕事を選り好みしたり、すぐに仕事を辞めたこと自体を評価するような空気感である。

また、長年会社に勤めている人の意見は時代遅れだから聞かなくて良い

など、長年勤め人でいることを冷笑する空気があることも嫌いである。

 

 

僕の個人的な経験として、どんな人であろうと人から言われたアドバイスは素直に受け止める、それをした方が人生は圧倒的に豊かになると感じている。

最近先輩、上司から苦言を呈されたり、ご指導を受けることがめっきり減ってしまった。

入手6年目だからそれはそれで当たり前だし、当時はこいつら細かいこと言いおってから、うっとおしいなと思っていたが、いくつかは非常に大切な進言を言ってくれた人もいる。

 

そして、当時はその意味がわからなかったり、一見自分の知識を露呈したいだけのアドバイスもあったりしたが、そこでそれを否定せず、素直に受け入れることでそれが自分の強みになった場合もあった。

 

ところでアドバイスには概ね以下の軸で考えられる。

 

①愛があるアドバイスか、愛がないアドバイス

②言われた本人が有益と感じるか、有益と感じないか

 

そもそも愛がないアドバイスはメンタルがやられない範囲で聞けば良い。

愛があり、自分が有益となるアドバイスはどんどん聞けば良い。

 

問題は、愛はあるが、自分がそれを有益と感じないアドバイスの場合だ。

 

この時、こいつうざいな、と思って有益と感じず適当に流すことは最ももったいない行為だ。

 

なぜなら有益かどうかは、言われた本人の視点や経験、その人に対する好き嫌いで人間は決めてしまうものだからだ。

 

大体の場合において上司の方が自分より幅広い経験が多く、そのアドバイスを伝える「目的」が必ずある。

しかし、若い頃はこの目的まで頭が働かず、上司もそれをいちいち伝えないので、短絡的に言葉のみを捉え、アドバイスを浪費してしまうのだ。

ここでは、まず素直にアドバイスを受け入れて、その上司のアドバイスの真の目的をとらえる必要がある。

 

例えば、過去自分は商品企画を行う中、「このネジ一本の価格がいくらか、瞬間的に答えられるようになれ」とある先輩に言われ、そんなん開発の仕事で企画の俺が把握しなくてもええやん、と思いつつ、素直に聞き入れていた。

それから様々な部品の原価を頭に叩き入れて、組み立て費用や物流費、はたまた間接費など、原価全体を把握することが好きになり、いつしか工場との価格交渉や、ギリギリの価格設計を狙った販売価格など、原価を通じた仕事は自分の強みとなった。

 

昔から自分は戦略や抽象的な思考が得意で、ネジ一本の原価なんか俺が把握する必要がない、と思っていたら、そのあとの実務ベースでリーダーシップを持って工場や開発を率いて仕事ができなかったし、原価を詰めて、より適した価格で市場投入することもできなかったかもしれない、つまり、当時の「ネジ一本の原価を把握しろ」というアドバイスは、商品企画として工場と価格交渉スキルを持つことや、リーダーとしてチームを引っ張る武器となることだったと今になってはわかるが、当時はそれをわからなかった。

なぜこんなことを話すかというと、以下の記事で、自分の強みにフィットするアドバイスを見極めろ、と言う内容があったが、自分からしたらいやいや、まずは自分の強み云々考えずに、フラットに受け入れてみたらと思ったからだ。

 

forbesjapan.com

 

もしかしたらこちらの記事の上司は、この方の企画スキルを見抜いており、企画として実行力や現場オペレーションを把握した方がより実現性のある精度の高い企画を打ち出せる、と考えた上で、イベントの細かな手順や必要な機器類、価格構成を把握していくことが、ゆくゆくは企画者として大きく成長するための必要な能力だと思い、この方にアドバイスをした可能性があるからだ。

もちろんこの方は入社当時は素直に聞いていたと思いし、今振り返るとそう言えるわけだが、個人の狭い経験で判断するのはもったいないじゃん、と言う話。

だから、自分の狭い価値観でアドバイスを浪費してしまうんではなく、

まずは素直に受け止めて全てのアドバイスを自分の強みにできるよう努力してみるのもありじゃないか、と思った次第である。

つまりこのマインドセットを持つことが物事をフラットにみることに繋がり、

それが自分の戦う場所を素直に見極める判断の一助になると言うこと。

 

 

 

自分が普段使う思考まとめ

自分の強みはできる限り言語化できないほうが人に模倣されずに固有のポジションを築ける。一方たまにこれらを整理して言語化しておくと、体系的に理解でき、今後の伸ばすべき方向性が見えることもある。

 

例えば幼い子供に

リーダーとは?

ときくと、

「一番前の列にいる人」と答えるが、

ビジネスマンに聞くリーダーは、全く違う答えが返ってくる。

言語化できなければ、そもそもそれを腹落ちして理解しておらす、逆に言語化できるということはそれを自分の血肉(スキル)として扱えるということである。

言語化を通じて次のステップに進む課題が見えてくるし、本質的に自分が理解しているかの振り返りにもなる。

 

そこでそのような思考の整理を含めて

自分が普段行う思考を以下にまとめてみた。

 

①何かしらの新しいアイディアを創出するとき

(1)抽象化

ある具体的な事象や現象の本質を抽出し、それを別事業領域に持って行ったり、

他の問題解決に適用したりすること。

わかりやすい例で言うと、フォードの大量生産組立ラインは肉の精製プロセスを見て思いついたらしいがあの思考。

抽象化する部分は、ビジネスモデルだったりユーザー価値であったり、テクノロジーであったり様々。

自分はよくモノづくりの最先端商品の事例を、ローテク商品に活用したりする。

ちなみにできる限り遠い分野であるほどイノベーション率は高まる。

 


(2)トリックスター

 ブレストの時、あえてふざけた方向に持っていき、思考を発散させること。

例えば、

 その事実が避けられないものと考えるとどうなるか?

 それを映画に例えると?

 それとそれを組み合わせてみたら?

など問いかけると、突拍子もない話が出てきて、面白い。どちらかと言うとアイスブレイクにもなるし、その人の本音が出やすい思考に持っていくのがポイント

 

 
(3)制約列挙

 アイディアを出す時、そのアイディアの必要条件を考え、強制発想を行なう。

 制約条件は市場環境やターゲット、事業部の状況にもよって変わる。よくあるのは、自社の強みを生かせる条件を踏まえた上で考えたり。

 自分はよく机上で制約条件だけ考えて、そこからランニングに出かけて、

ランニングを行いながらアイディアを考えると閃きやすい。

 


(4)組み合わせ

よくアイディアは何かと何かの組み合わせという。それの思考。

プロダクトの発想はよくこれ使う。

頭の中を適度な情報で満腹にさせ、うまく脳みそをミキサーにかけるところがポイント。ミキサーはランニングか自転車こいでる最中が生まれやすい。

最近は夢の中でよくアイディアが生まれてくる。

 

 

(5)構造化とシフト

 今の世の中のアイディアを二軸で分類し、誰も検討していない象限の

 アイディアを強制発想。未だこれでいいアイディアが考えられた試しがないが発散には繋がる笑

 

 

②市場分析を行うとき


(1)メカニズム 

市場変化の原理を見極める。たとえば企業買収が盛んに行われている業界なら

その原因を20年くらいの業界の長期推移や単価推移、競合の数、技術変化などから

推察し、今後の起こりうる業界変化や価値筋までを見極める思考

 

 (2)ベクトル構築

 市場動向は今後どの方向にどれくらいのスピードで進むのかをを考える。

  (1)のメカニズムを分析した後、時系列での推測を加える

ちなみにリーダーは自社の進むべき方角と速さを明確にすることだよ〜

 


(3)比較

ある事象とそれに本質が近い全く別次元領域の現象を比較し、その別次元の領域を活用したアイディアを創出したり、課題解決のヒントを得る思考。

比較は時系列と組み合わせると破壊力がアップする。

同業界の企業業績を時系列で比較するだけでも色々見えてくる

 

 

③会話を盛り上げようとするとき
(1)記憶の取り出しと発展

相手が話しているアイディアに対して、そのアイディアを肯定する、もしくは違う観点で考えてみては?と言う時に活用する。

過去の記憶ストックから自分が説明したい根拠のファクトを具体例で説明して、それらの具体的事例から考えるとこうだと思うよ、と説明すること。

ポイントは、いかに関連した過去の記憶を高速で発見できるかであるが、

これはそのファクト(情報源)を見た時に、何が言えるか?をセットにして考えておくと良い。なぜかと言うと、自分が言いたいことをまずは考えて、その後それに紐付いたファクトを取ってくる脳の思考プロセスになるが、それに紐付いてファクトが蘇ってくるから。


(2)前提抽出
その議論の前提になっていることを抽出し、その前提で会話を行う、もしくは前提を変えたら議論はどう変わるかを考察する

 


(3)主張と論点

ある自分、もしくは人の主張に対して、それを支える根拠、論点を考える。

ロジックツリーともいうし、芋づる式根拠的なもの。

論点はMECEが基本のため、抜け漏れがあるかをすぐ判断し、その点をつく、もしくは根拠を探し出す


(4)ボックス分類

 様々なニュースや日常目にしたものを思考のボックスに保存しておき、いつでも取り出せるようにしておく。

ボックスは、カテゴリー別、かつボックス内の箱は、小カテゴリーに分かれており、

何かを記憶するときは箱に入れて保存しておく。そうしておくと、議論の時も箱から取り出して説明したり、主張できるのでロジカルに聞こえる

 

(5)ファクトと考えを分類する

相手が言っていることが事実なのか、相手の考え・考察なのかを分類する。

事実は大切にするが、相手の考えという場合は話半分で聞く場合が多い。

逆に自分はそうならないように気をつけている

 

 

④事業性を考える時
(1)数字化

とにかく数字で考える。

フェルミ推定などを使いざっくりした市場感を把握したり、全然儲からへんやんと、アイディアを切り捨てたりするときにつかう。


(2)リアルシーンの抽出と問題提起

 本当にその事業やアイディアが世の中に出たと仮定したときに、どんな人がどんなシーンでどんな動機でなにを思い、何の費用を削って、いくらでその商品を買うのかを徹底的にリアルに頭で趣味レーションしてみる。時には村上春樹風の小説を書いてみたりして、購入ストーリーに違和感はないかを考える。

これを行うと抜けているスキームや本当に買ってくれそうか、などが事細かにわかるので良い。

 

(3)時系列トレース

そのサービスを使い人の行動を過去から未来の時間軸で考えて見たり、

問題を時系列で分析して見たりする。

抜け漏れがなくなったり、問題点が見つけやすいので思考ではよく使う。


(4)帰納法 ワットだずいっとオールミーん

まとめていうと何だい?

プレゼン資料の一番上に書く言葉であったり、

言いたいことをまとめる時であったり、市場分析して結果何が言えるのか、を論じるときに使う。

コツは、少し飛躍させること。でも飛躍させすぎたらイミフになるので、その中間くらいを狙えるような抽象思考が大切。

 

 

⑤プレゼン前
(1)反論

 相手が上げてくるであろう反論を列挙し、それに対する回答を考える。ポイントは

 「〜だと思います」と言わないようにファクトを揃えておくこと。


(2)相手目線トレース

プレゼン前に相手がこの議題に対して何を知っていて、何を求めているか、また相手の関心度などから説明手順を並べ替える


(3)システム1の意識解析

自分が直感で判断したり、意識したり考えたりしてしまったことを振り返り、バイアスや直近の情報に惑わされていないかを考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構色々あったな。

そのうちまた付け足しておこう。

でもこれらは自分が本を読んだりして感銘を受けた人の考えをパクったりそれをベースに少し味付けしてるだけだから、クソみたいな思考であり、もっと自分ならではを磨き続ける必要があるな〜と感じるね。

 

ビジネス筋一覧

瞬発力

反論に対して、瞬間的に理路整然としたロジックで反論すること。

もしくは短い時間で高い集中力を発揮して、相手の求めることや期待値を理解し、客観的情報と自分固有の体験から導き出した洞察、考察より生み出された濃ゆい思考、発言をすること

 

 

持久力

苦しい長期プロジェクトでも弱音を吐かずに、営業、開発から罵声を浴びさせられ、上司から無理難題なタスクを振られながらも、精神を保ち、目の前の問題における課題を一つづず抽出し続け、乗り越える筋肉

 

跳躍力

世の中の現象、トレンド、変わらない事実、普遍的なの価値観を一つずつ積み上げ、それらの抽象化から導かれる事象の更に一段上の構想を考え、会社として目指すべき大きなビジョンを描いてチームメンバーにWAO!を与える

 

敏捷力

相手の表情や発言から相手の奥の機敏な感情を読み取り、相手が喜ぶ発言を述べながら権力者の理解を得ることで、自分の企画を進める力

チャンスを発見したら迅速に動き、仕事を発見して持ってくる力

 

体幹

 企画に対する批判や反論を機関銃のごとく食らっても、一つづつ丁寧に受け止め、回答し、しかし自分の企画の背骨はブレずに推し進める力

 

動体視力

高速で移り変わる時代環境でも本質や原理を見極め、適切な戦う場所を見極める力

 

柔軟性

時代の変化に合わせて戦略を柔軟に変化できる力、また自分の初期の企画に固執せず、ユーザーの意見に合わせて柔軟に企画を変化させるマインドセット 

 

握力

一回取ってきた仕事は死んでも話さない執念力

 

体力

全ての根源となる筋肉。

普段の情報のインプット量が広く、かつ適度な深さを持つスキル

 

脚力

フットワークが軽く、新たな情報や有識者を自ら掴みに行くことができ、また大切なタイミングで運を運んでくる人に出会うことができる

 

 

 

 

プレゼンテーションの隠れたコツ

今日はそこそこ大事なプレゼンだった。

自分の考えた事業計画を別部署の取締役に説明した。

結果的にはゴーサインを頂き、第一関門は突破したが、何となく不満が残った。

 

そう、あの取締役の親父を感動させることができなかったのだ。

目に涙を浮かべプルプルしながら、嗚咽を漏らし、鼻水を垂らしながら、

「是非、是非やりましょう、一緒に世界を変えましょぅぅぅうううう」

とはならなかったのだ。

 

「うん、いいよね、君の事業計画の方がスケーラビリティーがありそうだね♪」

で終わってしまった。

うむ、これは問題だ。一体どうやったら人は感動するのだ、何故そこそこで終わってしまったのか、そんなことを考えていたが、

そもそも人ってどんな時に感動するのか、もっというとどんなことに心を動かされるのか、

と考えたいたら、とある本のこのフレーズを思い出した。

 

「全ての人は笑う前に驚いている」

 

そう、人の喜怒哀楽の前には必ず、驚きがあり、それが喜怒哀楽のトリガーの一つになる。例えば、自分の誕生日に彼女がサプライズのプレゼントを準備していてくれてたら、そこには驚き→喜びがある。

また、幼い息子が父のために絵を書いてきてくれたら、そこにも驚き→感動がある。

死に際の主人公が病床のベットで力つきる直前に放つ冗談、

母が自分の学費工面のために実は寝る間も惜しんで働いてくれてたという事実

ラストの試合で実は怪我をしていたが、誰にも伝えず、痛みに苦しみながらも走りきったスプリンター、それを試合後に知った観衆の感動

 

全て驚きが存在している。

つまりプレゼンで感動させるためには、驚きのトリガーが必要であり、それの巧みな設計がいるわけだ。

 

ではその驚くトリガーを作るには?また、それはどのようなタイミングでどんな感情の揺さぶりを仕掛けるために設計したら良いのか?と考えたくなる。

 

たとえば企画の内容自体で驚きを作るのか、それはダメだ。企画の内容が驚くほど斬新であればあるほど普通の人は拒否反応を起こしてしまう。

 

では声の抑揚、表情の変化など外的な部分で驚きを作って見るか、それも違う。

 

 

で、個人的に最もクリティカルな驚きは、

その企画によってユーザー体験がどう変わるのか、ユーザーにどんな幸せをお届けできるのかのその具体的なexperienceに驚きがあると、感動にかわり、それが共感になる。これが最もシンプルであり強力である。

そして、このユーザー体験の変化に驚きのテクニックを盛り込むことが重要となる。

そういえば今日の自分のプレゼンもユーザー体験は普通の起承転結のストーリーであり、そこに驚きの設計を入れることができていなかった。

 

たとえば、よくある子育ての忙しいお母さんの時短を手助けする商品で、

お母さんは普段こんな不満を持ってて困っていました。しかし、この商品を使ってみたら、お母さんにはこんなハッピーが起こりました。子供とお母さんの関係はこんなハッピーになりました。という提供価値の商品があるとする。

 

これに驚きを持たせるためにはどうしたら良いか、たとえば全て子供目線での話にしてみるのだ。

子供が、お母さんが毎日忙しくそれに寂しさを感じており、その寂しさを紛らわすために、一人でずっと河原に通っていた(そこはお母さんとの思い出の場所)

しかし、お母さんがとある商品と出会うことで、時短に成功し、結果的に子供は河原に通う必要はなくなった。

 

文字にしたらよくわからないかもしれないが映像にしたら全く違うものになるであろうし、おそらく企画の説明の際のユーザー価値の部分でも前者と違った印象を与えられるのではなかろうか。本来のお母さん向けの商品をあえて子供視点で語ることによって、その価値を母だけでなく、母が最も愛する子供にとってどんだけ素晴らしいことなのか、という説明が驚きになっているのだ。

つまりちょっとしたユーザー価値の説明部分に聞き手の脳に驚きを与えられる説明を入れ込むことが良い。

脳という部分ではその業界の固定観念や常識をちょっと上回るような驚きがよく、それは自分で様々な人に説明をしながら、良いexperienceの説明を探していくしかないが、

その心構えが重要である。

できればリアリティーがしっかり伝わるように、ゆっくりはっきりと喋りながら、その人の頭に思い浮かんでる描写を思い描きながら、説明を入れる。

それだけで聞き手の感動を生み出せちゃうし、企画マンであるならばそこまで含めた企画設計が不可欠であろう。

 

他にも企画を思いついた原体験の説明をすることだけで驚きを誘発できることもあるし、

その企画の仮説検証でこんなたくさんのお客さんを訪問したぜよ、という熱意のファクトでも驚きを作ることができる。その驚きの設計がより優れたプレゼンに昇華させるコツであると感じるわけだ。

 

ただユーザー提供価値の部分で驚きを構築しておくのは万人に有効なので、それを追求することは企画自体のブラッシュアップにも繋がるので、ぜひ取り組んでいただきたい。

 

とこんなことを書きながらも自分も最後読み手の方に驚きかせる文章が書きないか考えていたが何も思いつかなかったので、まだまだ自分も未熟である。精進あるのみ

 

 

https://www.amazon.co.jp/表現の技術―グッとくる映像にはルールがある-高崎-卓馬/dp/4021009108/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1524840989&sr=8-1&keywords=表現の技術

 

 

 

持論がある人とない人の差は圧倒的

持論を持て、というわけではないが、持論を持つことの重要性は近年高まりつつあると感じる。

 

まず持論とは

持論=(一般的知識+個人的な経験・体験)を体系化したもの

 

であり、自分の歪んだ思想を反映した独断や偏見という意味ではない。

 

で、ご存知のように、情報爆発の昨今、「情報を知っている」という価値は下がってきており、情報の知識を活用して如何に新たな意味を紡ぎ出せるか、また、新たな価値を作り上げられるか、に重要性がシフトしつつある。

そして、付加価値を生み出す源泉は、持論を持つことと大きく関係している。

 

たとえば、リーダーシップにおいて、リーダーシップについて何も勉強したことがないAさん。

Bさんはリーダーシップとは何かを勉強しており、「リーダーは魅力的なビジョンを掲げ、メンバーを引っ張ることが重要だ〜」と一般論は知っている。

一方、Cさんはリーダーシップの一般論を知っており、かつ組織でそれを実践したが、皆から反感を得て、昔失敗した過去があり、

どうやって皆の感情を汲み取りながら、ビジョンを伝えたら良いか、独自の方法論を体系化している。つまりCさんのみリーダーシップにおける持論を持っているのだ。

 

仕事は実践力であり、Aさん、BよりもCさんの方が組織でリーダーシップを発揮できることは言うまでもない。

(では、AさんとBさんはどちらがいいの?となるが、それはケースバイケース。フラットな視点で対応できたAさんがうまくいき、逆に知識があったBさんがそれが足枷となり失敗するケースもある。もちろん逆も然りだが、今は置いとく)

 

 

ここで大切なことはCさんが持論を持てたのは、知識を持つことに加え、以下二つの重要なアクションを行なっている。

 

①自分が持つ知識を実践してみて、それにより失敗成功含めた体験を有したという、

 行動体験があったこと

②また、その具体的な体験と知識を合わせて体系化するため(持論を持つため)の

 思考時間を作ったこと

 

つまり、持論を持つということは、知識自体を鵜呑みにしている頭でっかち君ではなく、知識を持ち、それを実践して、かつ自分の体験値と既存の知識を含めて多面的に現象を分析し、それを抽象化する能力があることなのだ。

持論を持っている人とそれを持っていない人の差はここまで大きい。

 

また持論を持つための重要スキルである抽象化も21世紀の必須スキルである。

抽象化とは、具体化の逆であるが、その本質は、

 

「とある具体的な現象の本質をもう一段上のレイヤーで見極め、言葉で定義付けできること」である。

 

抽象化できるスキルがあると、以下のメリットがある。

・能力成長

 自分のスキルを客観的に把握し、もう一段上のスキルへと導くためには、どんなスキルとスキルを掛け合わせたら良いのか、を考えられる

・再現性

ある事象や自分のスキルを抽象化し、言葉で定義しておくことで、それは自分の血肉となり、再現性が高まる

マーケティング

 ある市場のトレンドを分析する際に、その業界に起こりつつある具体的な事例を多面的に把握することで、その本質を抽象化で導き出し、一見その業界とは全く別の業界に共通点を発見し、世の動きを予測することができる

 

・問題分析

ある現場の課題をバリューチェーントータルで分析し、本質的問題発見ができる

 

・人材仲介としての触媒

あの人とあの人が出会ったら面白い、と気づける能力。その人のスキルが全く別領域で活かせるかも、と気づける能力

 

などなど。

 

だから持論を持とうとするだけで、こんだけ波及効果はあるのだ。

ぜひ、皆さん持論を持ちましょう

 

このブログ自体が持論じゃないやん、というクレームは受け付けません笑

 

あと、抽象化よりももう一段上の思考について論じた記事は下記

 

 

 

taitaitai.hatenadiary.jp

 

 

 

運の掴み方は試行回数と勝ち筋を持つこととリスクヘッジが大切だよ

最近運がいい。理由はよくわからない。

が、運気が上がってきているのは確かだ。

 

もちろん、運がいい時もあるし悪いときもある。

常に人生山があったら谷がある。

 

しかし、我ら人間は生まれてからずっと、常に死と

隣り合わせで生きており、生きていることは死の準備をしていることと同義である。

そして、死の準備とは、与えられている生命を最大限活かすことであり、そのためには、運を効率的に活用する必要がある。

 

 

大切なことは、できる限り運がいいときは調子に乗って前に進む。全力で漕ぐ。いける所まで行く。この時どれだけ進めるかが大切。

麻雀でも運がいい時にどれだけ無双を続けられるかだ。

どうせ運がいいのは長くは続かない。そのあとは逆風に耐える時期が必ずくる。

だから、運がいい時にできる限り進んでおけば、その分ゴールにも早く到達できる。

 

さて、これまで自分は何回か、運がよかった、と思ったり、運をうまく掴んだな、

という経験があった。

なので、その時のことを思い出しながら、どうやったら運を掴めたのかまとめておいて、今後の人生に生かしたいと思い筆をとった次第だ。

 

 

①スポーツ編

かつて、自分の中でレギュラーを掴んだ転機となった試合は二回あった。

いずれも練習試合の時に、レギュラー部員の怪我、もしくは人員不足で補欠の自分が

その代わりに出場し、結果を残した時だ。

その時の試合の心境はどちらも覚えている。

「ミスをせずに点を取る」と言うシンプルなことをどうやって実現するか?だけだ。

 

理由は単純で、ミスをした時点でやっぱりあいつは使えない、という強い印象を残してしまう。ミスをしないのは当たり前、その上どうやって点を取るという結果を出すかが肝だ。ただし、びびりすぎて積極的にいかなければ、ミスはしない代わりに点も取れない、そのバランスが大切だ。

結果、その時の自分は、周りのバランスや動きを考えながら、80%程の時間を周りを生かす黒子に徹し、一方勝負所では積極的に勝負を仕掛けていた。

かなりのメリハリであった。で、それがうまくいっていたのだ。

この時の自分の心理、思考は、まずは冷静であったこと。そして、勝負所の見極め、これは自分の得意プレーを確立しており、それで勝てる瞬間を知っていたことである。

つまり、運を掴めた理由は普段の努力は当たり前だが「常に冷静に状況を見極めつつ、自分の得意な領域を見極め、いける所では大胆に勝負を仕掛ける」というマインドセットを持っていたことである。

 

②研究編

続いて、自分の大学研究時代の3年間を考えたい。特に修士のラスト1ヶ月で、全く成果が出ず、もう終わったかと、思っていた自分であったが、修論提出三日前くらいに奇跡的にある成長条件を発見し、結晶成長が成功した時にこと。

この時は、もうこれでダメならしょがないと、割り切り、ほぼ一週間寝ずにぶっ続けて実験をしまくった。そして成功したのだが、これま神様からの成功と思いきや、今振り返ると超越した集中力を発揮していた気もする。ただ、この時の自分は

特に参考文献も漁らず、自分の考えと経験だけで進めていたが結果的にそれがよかったのかもしれない。

ここでは「未知なものに対しては量と自分の経験、感を信じる」という運の掴み方があったようだ。

 

③入社編

入社後の配属面談で「一番厳しい部署でお願いします、後が楽なので」と言ったわけだが、結果的にこれが正解であった。商品企画の世界にいけて、自分の適正に非常にマッチしていると感じた。これがもし開発やら研究であったら、全く今の自分は想像できなかっただろう。

 

ただこれも当時読んでいた本で、どこかの偉くなった人の過去のエピソードを真似しただけであった。

だが、そのどこかで読んだ本の一部を覚えており、かつそれを本当に実践する人は1%もおらまい。勿論実践したのも自分の過去の経験から逆境を経ることで、大きく成長できることを感じていたので、この発言を自分も入社したらしようと強く思っていた、という節もある。

ここでは「自分が良いと感じたことは強く記憶に残し、かつそれを実践的に使って行く」という思考回路を持っていたことが運を掴んだ理由だ。

 

④カジノ編

韓国でぼろ負けした自分は、そのリベンジ編として、マカオでの勝利を誓った。

しかし得意のルーレットで苦戦を強いられ、途中残金10$まで追い込まれたが、そこから奇跡的な逆転劇で、プラス500$くらいまで持ち返した。

額としてはしょぼい。なので最後の帰り際に、白に一点掛けで稼いだ金の半額を掛けた。

韓国でも同様に一点全がけをしたが、その時は全部持ってかれた。この時のショックは半端なかった笑

しかし、韓国の敗退で学んだのは、ディーラーは確実に目をコントロールできるということ、そして負けたときに致命傷にならないようにすること。

そこでマカオの一点がけでは、周りの状況を見ながら、まずは自分が一番大金をかけられる状況を見極め、その時にルーレットを回す前から明らかに白一点掛けを目立つように行った。当然ディーラーは自分を殺しにくる。そしてルーレットを回した瞬間に白から赤に全て入れ替えた。

玉は赤に入り、見事倍額を得ることが、できた。この時の運の掴み方は

「過去の失敗を生かし、それを未来に行動として勇気を持っておこなこと」である。

あとは、致命傷にならないリスクヘッジも大切だ

 

⑤コミュニティとの出会い編

今自分が参加しているオンラインサロンのコミュニティがある。

これはたまたま書店に行った時、なぜか非常に目についた本があり、その本の著者がサロン運営者であった。

考え、理念に惹かれ、即刻入会し、いまは素晴らしい仲間と出会い、ビジネスの幅も広がっている。

この書籍との出会いが無ければ、と思うと怖くなるときがある。しかし、なぜこの書籍を手にとったかというと、自分の目指すべき方向を持っていたからであった。そして自分は目指すべき姿に貢献できる情報源にはお金を惜しまない、と決めている。

このことから

「自分の理想に近づくための情報源との出会い」「直感で良いと思ったら飛び込む勇気」 

 

 

⑥プロジェクト編1

4年間鳴かず飛ばずのプロジェクトであったが、ある人との出会いを機に、一気にことが進み出した。まさに芋づる式に人脈が人脈をつなげ、手助けを得ることが、話が進んで行った。これも非常に運がよかったと思っていたが、それまで多くの人にプレゼンをしては、否定されるというのを繰り返していた。

そして、たまたま興味を持ってくれた人がいて、その人から芋づる式にどんどん進んで行った。

 

ここでは、「多くの試行を繰り返し、その伝手を貪欲に生かす」

 

⑦昇格編

一応会社では最速で主務になったが、あれも運がよかったな、と当時は思っていた。

 しかし、これも何らかの運の法則を見いだすなら、周りの方に最大限にお世話になったことがあげられる。パワハラ上司にオラオラ言われながら、必死に昇格試験の準備を行ったのはいい思い出であるが、これは周りの上司にコミットしてもらえた運があったのだろう。「いざという時に人に助けてもらえる」これは大切な法則かもしれない。

 

⑧プロジェクト編2

もともと企画を考えるのが好きで、自分で考えた企画を社外にヒアリングをしまくっていた。結果的にその企画の多くは死んでしまったが、その時知り合った人の紹介で、別の企画を支援してくれる優秀な人と出会うことができた。

「自分の考えを発信し、人を巻き込んでいくことで、人と人がつながりご縁が巡ってくる」という法則はありそうだ。

 

 

以上、まとめると、自分の中の運の掴み方は、

・色々考え、人よりたくさん試行を行うと、自然とご縁が舞い込んでくる

・しかし、色々考えるためには自分の中にビジョンが必要。

 ビジョンを常に持ち、理想の自分に近づくために情報収集を怠らない

・人生の勝負どころでは、自分の強みを理解しておき、リスクヘッジはしっかり取りながら、自分の強みで勝負を仕掛ける。

その時はできる限り自分の培ってきた経験を信じる。

・時には直感を信じ、飛び込む

・いざという時に助けてもらえる環境や人脈を作っておく